Blog

Seattle - Craft Beer Capital

styled and photographed by k.mae studio 

styled and photographed by k.mae studio 

Seattle/Tacoma area has the most breweries than any other cities in America. Currently there are 174 breweries in Seattle/Tacoma according to the Priceonomics.com.  Yakima Valley which is about 2.5 hours drive to south east from Seattle has over 70% of entire hops production in U.S., which may explain why IPA is so popular in Seattle. I visited hop farmer in Yakima Valley during harvesting last year. It was so beautiful. I still remember the aroma of freshly harvested hops, which had some resemblance of citrus and coriander.

Another reason why craft beer is so popular is that we have culture to favor local products and higher quality products. This trend also welcomes small restaurants and farmers market, which I appreciate tremendously.

I didn't know the concept of growlers until I moved here in Seattle. We can buy craft beers by growlers, so that we can enjoy nice draft beer at home or bring to parties, too. 

Well, this week is Seattle Beer Week. Go out and enjoy nice craft beer. Cheers! 

Thank you so much for stopping by and read my blog. I will keep it coming! 

シアトルはアメリカで一番クラフトビールのブルーワリーが多い都市だそうです。シアトルとタコマだけで174店あるそうですよ。シアトルから車で2時間半のところにヤキマバレーという町があり、そこではビールには欠かせないホップスの国内生産70%以上をここで生産しています。シアトルのクラフトビールはホップスの香りや苦みが高いIPA(インディアンペールエール)が人気なのはそのせいかもしれません。私も収穫時のホップス農家を訪れたんですが、収穫されたばかりのホップスは柑橘系とコリアンダーを混ぜたようなとてもいい香りがしました♪

シアトルでクラフトビールが人気な理由としてローカルなものを好むカルチャーがあるところだと思います。チェーン店ではなく小さなレストランやファーマーズマーケットが盛んなのもそんなカルチャーだからこそではないでしょうか。

シアトルに引っ越してきてから知ったのがグラウラー(Growler)。生ビールをお持ち帰りするための瓶です。シアトルではたくさんのブルーワリーそして酒屋さんで生ビールを持ち帰ることができます。いろんな味のビールを試してみるのはいろんなご当地の地酒をトライするみたいで楽しいですよね。

今週はシアトルではビールの週です。新しいビールを試してみてはどうですか?!

ブログを読んでくださってありがとうございます、ではまた次回まで♪